ドイツJAB(ジャ... ファブリックスタジオではヨーロッパを中心とした輸入インテリア商材(カーテン生地・ ウッドブラインドの特徴と長所・短所のまとめ、国内3大メーカー+おすすめ2メーカーから最適なウッドブラインドの選び方を解説します。, ウッドブラインドとは、スラット(羽根)の部分が木になった木製のブラインドです。このスラット部分が金属(アルミ)になった場合がアルミブラインドとなります。もっと細かく言いますと上部のメカ部分であるヘッドボックスは金属ですが、ボトム部分のレールも木部材になっているものがほとんどです。操作コードで全体の昇降操作を行ったりチルトポールで羽根を回転させたりします。全体を昇降させて出入りを自由にしたり、羽根を回転させて光の量をコントロールしたり遮光したりしてプライベートを確保したりします。カーテンのように自由度が高く、しかもスッキリとしてスタイリッシュで現代の住宅ではとても一般的になってきています。, タイプでいいますとまず横型と縦型に分類されます。横型というのは羽根が水平に連なっているタイプでベネシャンブラインドとも言われます。全体の昇降は上に上げるとたたまって全開になり、下に下げるとブラインドが閉まって暗くなるというものです。操作方法はおもに1本のエンドレスコードで全体の昇降と羽根の回転を同時に操作できるループコード式、全体の昇降はコードで行い羽根の回転をポールで行うコード式などに分類されます。, もうひとつの縦型はバーチカルブラインドとも言われ、1本の横幅の長いレールに短冊のようなスラットが何本も吊り下がっているタイプです。床に対して垂直に連なっているもので、全体の開け閉めは横方向への動きとなります。納まりの方法はカーテンのように窓の真ん中から開け閉めできる両開き、左右どちらか片方にスラットを寄せる片開きという、おおまかにこの2種類の納まりに分類されます。操作方法はおもに全体の開け閉め、スラットの回転ともにコードで操作するループコード式となります。一部スラットの回転のみコードで行うメーカーもあります。, 何といっても自然素材で本物の天然木となりますのでインテリアに癒しの効果を与えるだけでなく、金属や化学繊維生地では表現できない独特の雰囲気がこだわりの部屋作りを支えます。横型タイプのスラット素材はおもにバスウッド(和名でシナノキ)が多く、檜や杉・桐・竹の集成材(バンブーブラインド)などがあります。縦型タイプのスラットの素材はアバチ材、檜、杉、パイン材などがあります。, 塗装方法はおもにステイン(着色)塗装で見える塗り方となっています。一部のホワイトやアイボリーの色についてはペイント塗装と呼ばれ、木目が消える塗装となっていますが、木質感は十分保たれれていてモダンなインテリアや西海岸カリフォルニアスタイルなどのインテリアに良くあいます。カラー展開もナチュラル系のカラーから、濃い目の色ではダークブラウン・ウォールナット・チョコレートブラウン、中間色ではライトブラウンやチェリー・オークなどが人気カラーとなっています。また自然環境のことを考慮してオスモカラーを使ったり、無塗装で無垢な感じを全面的に強調しているものもあります。一部のメーカーでは特注色でオリジナルカラーで製作・塗装できるものあります。, 調光はスラットを希望に合わせた角度に調整して、直射日光を遮りながら室内の光量を保ったり、外からの視線を遮りながらプライバシーを確保できたりします。このスラットとスラットの間から漏れる光のバランスが何とも言えない雰囲気を醸し出し、室内空間・そこに居るひとびとに癒しの効果をもたらし、上質なインテリア空間をつくりあげます。横型のスラットの幅は基本的に50ミリで大きな掃き出し窓や腰高窓に使えます。幅が太いので水平にしたときのスラットとスラットの間隔が広いため、光を採り込みやすい、風が抜けやすいメリットも。さらにブラインドを閉めときどうしてもスラットとスラットの重なりからの光漏れが若干生じますが、50ミリスラットは太くて枚数が少ないので遮光性を高くすることができます。35ミリスラット、25ミリスラットというのもありますが、スラットが細くシャープな印象になりますので、腰高窓や小窓に向いています。いずれもスラット間隔が狭いため、室内に入る光量も微調整がききます。基本的には大きな窓には幅の太いスラット、小さい窓には幅の細いスラットがおすすめです。, また横型にはラダーテープ仕様という、スラットにリボンのようなテープを飾るオプションがあります。組み合わせ次第では同じ色でもまったく異なった表情を見せますので、オリジナリティを出すにはおすすめの仕様となります。, ウッドブラインドは本物の木材を仕様しているため、製品重量はそれなりに重くなります。しかしループコード式のようなドラムタイプのメカを使いますと意外と軽く昇降できます。操作性や1枚板のスラットを使う関係上、製品製作制限もあり、操作がとても重くなるようなサイズは基本的にはありません。それでも製作制限いっぱいいっぱいのサイズは若干操作が重くなすますね。コードタイプや量販店で販売している廉価品はやはり操作が重く、故障につながりやすいものが多いようで失敗している方も多いようです。, ウッドブラインドの大きな短所としては出入りの多い窓には不向きということが挙げられます。製品高さ2m、普通の掃き出し窓の高さの場合、閉めた状態から上まで全部引き上げた場合、ループコード式でおおよそ30~40回くらいぐるぐるとコードを回さないと上まで上がりきりません。閉める場合もその逆で同じですね。ただし下げる場合は一部のメーカーで自動降下という降下解除機能がついていて、ワンタッチ操作で自動でパタパタと降りてくるものがありとても便利です。, もうひとつ大きな短所として横型の場合、スラット1枚あたりの厚みが約3ミリありますのでたたみ代(たたんだ厚さ)が大きくなります。高さ2mの掃き出し窓の窓枠内に天井付けで取付けた場合、スラット幅50ミリの場合のたたみ代が約25センチとなります。スラット幅が35ミリの場合は約30センチとなります。けっこう分厚いですよね。もちろん全開にすることが多い場合は考慮したほうが良いです。, さらにもうひとつ、スラットは天然木のため反りが生じる場合があります。この反りを防止するため丸太の芯材の固くて丈夫な希少な部位を使用することにより、極力反りが出ない材料としていますが、実際水分の吸放質量を全ての天然木のスラットにおいて変形しない保証をできるほど把握するのは物理的に不可能なため、まれにスラットが反る場合があります。, 四季の多い日本においては乾燥している時期と湿度の高い時期があるため、スラットもそれに追従するように自ら水分を吸方質します。従ってスラットが反っている時期もあれば、いつの間にか真っすぐに戻っていることもあるわけです。縦型に関しては1枚板で製作する場合は、やはり反りがなるべく起こらないように厚みが約5mmほどあります。3mmスラットの場合は反り防止のためスラットを3~4分割などにしてヒンジと呼ばれる可動式ジョイントを採用しているところもあります。ここは相手が工業製品ではあるものの天然素材ですのでうまくつきあっていくしかありませんね。, 国内でおもに流通しているものは国内大手3社、海外ブライド1社がおもなシェアを獲得しています。, 国内ブラインドメーカーとしては最大手、東証一部上場企業。ウッドブラインドのシリーズは「フォレティア」・「フォレティアエグゼ」があります。エグゼシリーズは従来のスラットの昇降コードの穴をなくす遮光性の高いタイプです。また昇降の不便さを解消する自動降下タイプ「フォレティアタッチ」を先駆的に発売しました。フォレティアは安定した製品で流通量も多く人気があります。「ラスティング加工スラット」もヴィンテージ風な仕上りとなっていて人気があります。, 国内ブラインドメーカー。ウッドブラインドのシリーズは「クレール」。ループコードによるドラム式の軽い操作を実現させて操作性の良さをリードしました。またアンティーク・グレイン・エイジングなどの表面に木目や古臭さなどの模様を施したものを先駆的に発売して人気になりました。竹の集成材で製作したバンブーブラインドは軽量で表情豊か、コストパフォーマンスも良く人気です。その他防炎・耐水でありながら遮光性がダントツ高い「エルフォームFR」スラットも人気があります。, 国内カーテンレール・ブラインドメーカー。ウッドブラインドのシリーズは「ベネウッド」となります。スタンダードシリーズのほか桐・アースシリーズ、アメリカの昔の良き時代を象徴するヴィンテージシリーズから西海岸のカリフォルニアスタイルとニューヨークのブルックリンスタイルをシーン別に提供しています。またトーソーのユニークなブラインドとしてカーテンのようなウェーブのある「ベネウッド・ウェーブ」が異彩を放っています。, 海外メーカーの中でも国内で最も評価の高いメーカーです。メカや塗装、細かいディテールにかなり拘っていて完成度の高い製品となっています。標準色のほか特注色が可能であったり、製品幅をミリ単位で製作できたりします。操作方法のSimpullⅡ(シンプルツー)昇降機能は操作が軽く、使いやすい優れた機能です。またウッドバーチカルブラインドは反りや曲がりなどを防止するヒンジ式分割を採用していて特徴的です。, 国内ブラインドメーカーで、材質と製法の拘りが素晴らしいです。特にバーチカルブラインドの杉の無塗装スラットは圧巻で、本物志向の方にはおすすめです。また経年による劣化などに対してメンテンンスなども可能で一生もののブラインドとなるでしょう。, 今回は上記5社のブラインドメーカーの紹介にとどめておきますが、海外メーカーではまだまだ魅力的な製品やメーカーがあります。Pinterestなどで検索してみると色々出てくると思います。, 人気のウッドブラインドを簡単にまとめてみましたがいかがでしたか?あとは実際の施工例の写真などを見ながらご自宅のインテリアに合うウッドブラインドをぜひ探してみてください。高価な商品になりますので、カーテンショップなどの専門店にご相談されることもおすすめいたします。.

TOKYO interior(東京インテリア)公式通販サイトの「ブラインド」の商品一覧です。ブラインドをはじめオンラインでご注文いただけます。ファブリック,ブラインドの選び方などインテリアサポーターにお気軽にご相談ください。

Broad Wimax 初期費用無料キャンペーン 違約金, アーロンチェア リマスタード ミネラル, 岩佐 美咲 新曲, ヤマダ電機 Ps5 予約, 韓国 人 料理 人 男, 中村典正 娘, キャリア設定アップデート 何度も, 東京2020協賛ジャンボ 宝くじ 買う 日, 大塚家具 購入履歴, ウィッチャー3 弓, 巨人軍 年俸, Simフリースマホ おすすめ, ヤマダ電機 誕生日特典, 原田左之助 薄桜鬼, パチスロ 事件簿, サイバーパンク2077 紹介, Uq Cm 歌 誰が歌ってる, アレクサcm サイコパス, Uq キャッシュバック いつまで, シバター 住所 横浜市中区, 70年代 男性歌手, グウェント 奪われし玉座 カード, 玉置浩二 天才, ソフトバンク 強制解約 新規契約, ロンドン 社交界 シーズン, 日本 を代表する家具メーカー, ウィッチャー1 評価, 収納付きソファー 3人掛け, 家具リメイク 業者 福岡, ゲラルト 顔の傷, ホームルーター おすすめプロバイダ,