<7513>7513 コジマの全店、既存店の月次売上、月次情報を毎日更新。株初心者の銘柄選びに役立つ新着リスト、月次売上(最大3年分)、業種別ランク、既存店ランク、全店ランク、株価ランクなどのオリジナル情報を提供しています。 売上高: 268,127百万円 (2019年8月期) 営業利益: 6,426百万円 (2019年8月期) 純利益: 6,604百万円 (2019年8月期) 純資産: 48,681百万円 (2019年8月31日現在) 総資産: 109,335百万円 (2019年8月31日現在) 決算期: 8月31日: 主要株主: 大株主の項を参照: 関係する人物: 小島勝平(創業者) 外部リンク ���|���σT�[�r�X, ���|���ςŖ@�l���Ə��Ƃ̎���� �ŐV�̏ȃG�l�G�A�R���ւ̓��ւœd�C���啝�팸�I����ɁA�ŐV�@�\�ʼn��K�����A�b�v�I, �k�d�c�Ɩ��ւ̓��ւœd�C���啝�팸�I����ɁA�������Ȃ̂Ō����⃁���e�i���X�̎�Ԃ��y��, �e���r��Ƌ�̑ϐk�⋭�A�I�t�B�X�@��̓]�|�h�~�ɁA�ϐk�}�b�g�ł��܂������S�B, �r�W�l�X�����Ɖ��K�ɁI�@�l�l�ɂ��X�X���̏��i���s�b�N�A�b�v, �@�l���Ə�

があります。 営業CFは本業で獲得または流出したお金、投資CFは投資活動から獲得または流出したお金です。 2006年度には、家電量販業界内売上規模の2割を占めた 。2008年 3月にコジマが島根県に出店するまでは全都道府県に出店している唯一の家電量販店チェーンだった。(しかし、その後コジマはビックカメラに買収されたため、コジマは不採算店舗を次々と閉店。 株式会社ソフマップ(英: Sofmap Co., Ltd.)は、パソコン製品などを中心に販売しているチェーンストア(パソコンショップ兼家電量販店)。ビックカメラの完全子会社である。, 東京・秋葉原を中心に、日本国内で16地区21店舗(2018年1月9日現在)を展開している。, 1982年に鈴木慶によって設立され、東京都新宿区高田馬場一丁目にある貸しビルの7階で、パソコン用ソフトウェアの会員制レンタル事業を開始(同時期に同ビルの3階ではソフトムというレンタル屋も存在した)。このパソコン用ソフトウェアの会員制レンタル店は最盛期には神田、秋葉原、渋谷に直営店舗を、日吉(横浜)、川崎新町(川崎)にフランチャイズ店舗を展開する。, しかし、ソフトウェアレンタル事業は違法性が強く、当初から著作権者に問題視されており、取り締まりの機運が高まった1985年には撤退した。パソコンの中古ハードウェアの買取と販売に業態を移行させる。取り扱い品目にファミコンやパソコンのソフトの販売・買取を加え、一旦は店舗を秋葉原に集約し、現在にいたる原型が作られた。, 現在の主要業態は、パソコン関連を中心とするデジタルグッズを中心とした専門小売業となっている。中古パソコン関連の買取および販売は、現在も継続されている。中古事業に関しては、ソフマップユーフロントと称してフランチャイズ展開も行う。各種テレビゲームの販売等も行っている。, かつて2002年から2007年にかけて、子会社ソフマップソフト株式会社が、ヤマギワから譲渡されたソフト販売部門であるヤマギワソフトを営業していた。, テーマソング「HELLO,SOFMAP WORLD」(山川啓介作詞、林哲司作曲)は、ヨドバシカメラなど同業他社のテーマに比べて、アップテンポで刺激的なため、しばらく店内にいると耳から離れなくなる洗脳ソングとして有名で、8cmCDも発売されたほか、ソフマップ、コジマ、ビックカメラのビックカメラグループ3社を含む家電量販店9社のテーマソングを収録した12cmCD「エレクトリックパーク」にも収録された(2004年11月発売)。また、通信カラオケのUGAでも歌うことが可能。店内で流れる同曲には、日本語版のほかに、英語版・中国語版・韓国語版などが存在したが、CDに収録されたのは日本語版と英語版のみであった。, ソフマップは、駆け出しのグラビアアイドルが写真集やイメージビデオのプロモーション活動をする「聖地」としても知られる[4]。秋葉原となんばの各店にはそうしたイベントを開く会場スペースが設けられ、青・白の市松模様にロゴをあしらった壁面を背景にセクシーなポーズを決めて撮影を行なうのは、グラドル界隈の定番の一つである[4]。, ハードウェア販売を開始した当初は、秋葉原と大阪・日本橋の小型商業ビルに居を構え、商品展示は行わずその分廉価に販売する「箱売り」業態を得意としていた。そのため1986年より商品価格をリスト掲載したフリーペーパーソフマップタイムズ(後のソフマップワールド、有料化後はソフマップワールドハイパー→ソフマップドットマガジン→ソフマップデジタルバイヤーズ。2005年3月号で休刊)を大量に発行し、落下保証などといった「新品5年保証」「中古3年保証」といった独自の保証制度をいち早く開始し、創業時からの得意分野であるパソコン中古買い取りの3本柱で他社との差別化を図っていた。, その後Windows 95発売に端を発するパソコンブームを見越し、大幅に増床して初心者向けの展示販売に力を入れることとなり、1994年の秋葉原1号店シカゴ(ChicagoはWindows 95の開発呼称)、大宮を皮切りに大型店舗GIGA STORE店の出店を加速する一方、東京八重洲・池袋などではコンビニ業も行うなどの多角化経営を行った。特に秋葉原では1993年頃から当時の家電不況で廃業に追い込まれた家電量販店の店舗跡地に積極的に出店、それまで裏通りに多く展開していた小規模店舗の統合を行っていった。, 大阪地区にも進出し、ほぼ同一の営業形態をとる地元資本のスタンバイと激しい販売合戦を繰り拡げた。電気街の家電量販店が勢いを落としていった当時、ソフマップは新たな電気街の雄として注目された。, ところが、1990年代も半ばに入ると、パソコンの価格下落、中古品の商品サイクル短縮による流通性や収益性の低下、家庭用ゲームの販売不振などの要因が重なり、売り上げの伸びが鈍化し、停滞から凋落へ辿っていく。主力の東京の秋葉原・大阪の日本橋両地区は各フロアの狭い店舗が多い上に近隣同業者との競合が激しく、地方に展開した大型店舗では逆にフロアが広すぎて持て余してしまい非効率になるなど、店舗面の問題も足を引っ張る要因となった。郊外部に進出してくる大型家電量販店への対抗も迫られ初心者向けの展示販売に方向性を切り換えたものの、雑多な陳列、清掃の行き届かない店内、どこか話しかけにくい店員など、地方の大型店舗も含めて「箱売り」当時のマニア向けなスタイルからの脱却は遅々として進まず、垢抜けない店舗は他量販店と比較しマイナスイメージを抱え込むことになった。, また、各店舗内を一見した限りでは店員・スタッフは必要量が配置されていたものの、アルバイトや契約社員といった非正規雇用にそのほとんどを依存していた事などから、同業他社と比べても人材の入れ替わりは極めて激しいものがあり、接客態度や商品説明の知識に関する店員の技能のバラつきや適性にも問題があった上、その入れ替わりの激しさゆえに従業員全体の長期的なスキルアップを図る事もままならなかった。非正規雇用であっても優れた接客技術や豊富な知識を有する有能な従業員がいた事も事実ではあるが、正社員登用制度は当時その基準が厳しく実質的に形骸化しており、このため数年間勤務しても正規雇用の身分になれぬまま退職するか、同業他社や家電量販店へのヘッドハンティング・転職などの形で去って行き、ソフマップ社内にほとんど残らないという状況も重なった。また、これらの事がただでさえ規模に対して人数が少ない正社員にのし掛かる負担をさらに重くしてしまうという悪循環となってゆく。これらの要素が重なり続けた結果、1990年代中頃には「ソフマップはバイト(あるいは社員)を使い潰す」などという風評や、他にも社内の人事派閥抗争などの噂が立つようになり、これが口コミやパソコン通信などを介して度々広まった事で、人材確保にも苦しむ様になった。, これらの事が要因となって、競合関係にある同業他社と比較してサービス面・技術面での見劣りが目立つようになっていった。また、ソフマップカードの導入によるポイント付与もあって、「箱売り」当時からの激安というイメージもいつしか失われ(他店と価格比較できるソフマップワールド誌の無料配布は1997年で終了)、業界の中でも中途半端かつどこか浮いた存在になってしまい、そこから抜け出すことができなくなっていた。, 1996年頃、創業者である鈴木慶によればソフマップの経営危機についての根拠のない噂が流れるようになったという[5]。当初は「根拠のない噂はやがて消える」と問題視していなかったが、年末の在庫増を一部銀行から「噂の根拠」と受け取られしまい、融資の再審査が相次ぐ様になった。融資の遅れから資金ショートに陥りかねない状態が続き、やがて取引先からも条件の見直しを求める企業が現れ始めた。風評被害が実際の経営危機を呼び起こす事態にメーンバンクとの交渉や取引先企業との信頼回復など状況改善へ乗り出し、更に外部資本の導入なども検討された。, 1997年夏、「ソフマップは光通信からの外部資本導入に失敗したため、9月16日分の決済の目処が立たず、倒産する見込みである」という内容のパソコン通信の書き込みに端を発するチェーンメールが各所に出回り[6]、この情報を信じた顧客が溜め込んでいた『ルピー(ソフマップが付与するポイント)』を取り付ける騒ぎが発生した。この流言による騒動は、メールで指摘された9月16日にソフマップが倒産しなかった事や、チェーンメールの内容に基本的な事実の誤り(ソフマップ本社の位置や光通信から導入しようとした資本金額など)がある事が指摘され、事実無根の内容であると公表された事から収束に向かった。とはいえ、外部資本の構想が結果として新たな風評被害に繋がってしまい、先述のルピーの一斉取り付けと併せて、結果として同社の経営に多大なダメージを与えることとなった。, 最終的に総合商社の丸紅による資本参加を取り付けると一転して経営危機についての噂は終息し、鈴木は「大企業の暖簾の力」を痛感したという[5]。以後は業績の改善を目指して丸紅関連会社との提携を進める一方、無個性化に繋がっていた初心者向けの展示販売を切り上げ、再びコアユーザーに向けた店づくりへの回帰を目指した[5]。, 丸紅傘下での業績改善は遅々とした状況が続き、2005年に丸紅がソフマップ株式の一部を家電量販店のビックカメラへ譲渡したため、今度はビックカメラと提携して業績改善に取り組むことになった。しかし、改善効果が見られないことから、2006年2月には、さらに一歩進んだビックカメラとの資本・業務提携を締結。第三者割当増資による新株発行で、ビックカメラが61.56%を取得する親会社になった。この提携により、中古品ビジネス、仕入れ・店舗展開の協力、プライベートブランドの共同開発などの事業全般で、ビックカメラ・ソフマップ両者の持つノウハウを総合的に運用し、ソフマップの経営再建を進めるという方針が取られた。, ポイントカード・提携クレジットカードの共通化は行われていないが、2007年11月20日に初めてビックカメラのインショップとしてオープンした、ビックカメラ岡山駅前店にてポイント交換サービスを開始した(詳細は後述)。また、ビックカメラが毎年発行するカレンダーをソフマップ店頭でも配布する、制服をビックカメラと共通化(デザインは同じだが色違い)など年々ビックカメラ色を強めつつある。さらに2009年10月頃から買い物袋もソフマップ単独店舗でもビックカメラと同じ物を出している(袋にはビックカメラとソフマップのロゴが併記されるようになった)。また、ビックカメラの出資以後、デフレや競争激化による収益性の低下が改善されない店舗を順次閉鎖している(以下参照)。, その一方でパソコン(PC)・PCソフト・DVDソフトの中古商品の扱いを強化し、2007年3月1日からビックカメラ店舗内にソフマップ買取センターを開設している。現在、買取センターは新宿西口・池袋・大宮西口・有楽町・柏・JR京都駅・なんば・立川・ラゾーナ川崎・渋谷東口・天神1号館・高崎東口のビックカメラの店舗内にある。, 2007年には、主力の秋葉原地区において、子会社のヤマギワソフトを含めて、分散していた小型各店舗を大型ビルに集約しソフマップタウンに再編することを発表[7] 創 業: 1955年(昭和30年)4月: 会社設立: 1963年(昭和38年)8月: 資 本 金: 259億7564万円: 社 員 数: 2,570名(2019年8月31日現在) 売 上 高: 2,681億円(2019年8月期) 事業内容: 家庭電化製品および電気製品の販売および修理・工事: 本社所在地 また、負債が大きい企業の場合ROAとROEとの差が大きくなります。, キャッシュフローは、企業のお金の流れを営業・投資・財務の3つの分野で示したものです。 コジマの法人様向けネットショッピング「法人様専用WEBサイト」のページをUPしました。 取扱商品は50万点以上!WEB特別価格にてご提供いたします。また、24時間365日いつでもお見積・ご注文が可能で、お支払はご請求書払いとなります。 コジマの6月売上も前年同月比137.0%で、ケーズと同様に5月売上の119.5%から続伸。エディオンの6月売上も111.9%で、ケーズやコジマほどの伸びではないが、5月の同107.9%よりも伸長した。

進捗率は、企業が発表した最新年度の業績予想に対して、四半期ごとの進捗の割合を表示しています。 フリーCFは、営業CFと投資CFを足したもので、金額が多いほど収入が支出を上回っているため一般的には優良企業と言われます。, コジマ(7513)の決算発表情報。前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。直近決算期:2020年8月期(単)【売上高】288,216百万円【当期純利益】6,056百万円【自己資本比率】42.10, 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。, 【2020年最新版】クレジットカードおすすめ人気ランキング|今年もっとも選ばれているTOP5を公開.


Wimax 通信障害, 闇系 Youtuber 謝罪, 伏見猿比古 八田美咲, ドワーフ 二 段ベッド, ソファー ウレタン交換, スクラッチ 10枚 当たり三枚, Amazon 初回認証 エラー, 津田健次郎 結婚, ユニタス レザーケア キット 使い方, アサシンクリード ヴァルハラ 時系列, 春日部 市民 文化 会館 コインロッカー, アサシンクリード シンジケート スキル, あさイチ わたしのニュース, 呪怨 男の子 名前, Uqモバイル 夏モデル 2020, スカルノ 女性 関係, グウェント ニルフガード 同化, ウィッチャー3 Pc 日本語, Wimax 比較 ギガ放題, オクトパストラベラー 旅の果て, ロト7 最強数字, 家具塗装 単価, メタルマックスゼノリボーン 延期, テニプリ なんj 巨人, 永野芽郁 彼氏, Cm出演ランキング 2020, テーブル 天板 修理 Diy, 木更津アウトレット 駐車場 おすすめ, ナイキ アウトレット おすすめ, 大坂なおみ 国籍 いつ, サマージャンボ 発売日, Uqモバイル 左上 Au, 家具 チラシ, オクトパストラベラー アイテム, 選ばれる女 特徴, 宝くじ売り場 大阪, ウッドクッション ベッド, Uqモバイル エクスペリア10, メディカル ケアサービス パワハラ, 進撃の巨人 花言葉, アイドル 演歌歌手, アサシンクリード オデッセイ 盾, ゴルフ中継 動画, オクトパストラベラー 剣士 祠, Ad-live グッズ 通販, ユミル 死亡, 森唯斗 Fa, オリエンタルホテル広島 バス トイレ 別, 雑貨屋 求人 正社員, スピリチュアル 宝くじ 夢, Uq ぴったりプラン, 山下大輝 キャラ, エリアメール 英語, ヤマダ電機 大塚家具 ポイント, テーブルクロス 耐熱温度, Uqモバイル 修理 店舗, Auひかり 解約金 払わない, Wimax ホームルーター 口コミ, 山田哲人 巨人 ユニフォーム, 内川コピペ 最終回, ニトリ 錦糸町 営業時間, ヤマダ電機 登録販売者 ノルマ, 名古屋 宝くじ売り場 休業, ソファーベッド おしゃれ 北欧, レンタルショップ 家具, 格安スマホ 乗り換え ドコモ, パチンコ 名機 ランキング, サマージャンボ当選番号 848, Sdカード 電話帳 ガラケー, アメリカ 大陸 地震, イドインヴェイデッド Op 歌詞, 全米オープンテニス 2020 ドロー, 五木ひろし Jpop, 東日本大震災 震度 東京, テニスの王子様 学校 ランキング, 日本 地震 マグニチュード ランキング, ヤマダ電機社長 娘, 折りたたみ ダイニングテーブル, ドット アニメ タイバニ, タイガー 象印, 似ている 英語, Mouse 複数形, ヤマダ電機 川崎 クロスガーデン, 尾崎紀世彦 ハーフ, 氷川きよし 明治座 グッズ, リオ オリンピックテニス コート, 西区 スーパーホテル コロナ, アバンティー ズ 今, しゃぶ葉 クーポン, Amazon D払い エラー, ダニエル うなぎの寝床 日持ち, コニー 母親 アニメ, 緊急地震速報 鳴らない, ゲスト声優 いらない,