カメラ

いよいよカメラバッグの出番

VANGUARD 2GO 46

VANGUARD 2GO 46

さぁ、週末お休みのイベントが間もなくです。

今回は、大会時の動画撮影にDMC-FZ300、集合写真にDMC-GM1Kというラインナップで参ります。(というか、今はもうこれしか持ってませんから)

DMC-GM1Kに付いているレンズが、12mm(35mm換算24mm)~とかなり広角なので、集合写真に十分使えるものです。見た目にはFZ300の方が威圧感がありますけどね。

持って行く際には、このバッグ「VANGUARD 2GO 46」に入れます。

以前YouTubeの動画にまとめたカメラバッグです。すでに廃盤なんですが、レインカバー内蔵としっかりした作りでお気に入りです。

開いているスペースには予備のバッテリやモバイルバッテリ、ケーブル類などを持って行きますが、会場が暑いので着替えのシャツなんかも入れていく予定です。くるくるまとめれば、レンズ用のスペースに入れられますので。A4のパンフレットも曲げたりせずにきっちり入ります。

それと一脚「SIRUI P-306」に、自由雲台「Velbon QHD-43」。

SIRUI P-306とVelbon QHD-43の組み合わせ

SIRUI P-306とVelbon QHD-43の組み合わせ

シルイの一脚はかなり剛性感が高く、競技が始まるまで撮影ブースや観客席の後ろ?で待っているのですが、この時杖代わりにしていると楽ちんです。

で、値段はあら?今はかなりお安くなってるようです。これ、値段的に他のものとは一線を画す剛性感で、おすすめです。

自由雲台は色々使いましたが、当日の機材の出し入れの煩雑さや会場の狭さを考えると、クイックシュー式ではない、雲台についたねじ回し式のこいつのほうが合っています。

底面がコルクなのでカメラも傷めず、大きめのダイヤルで取り付け&取り外しもらくらく、耐荷重も3kgでバッチリ!

この組み合わせにしてからかなり長いですが、さすがのベルボン製、おかしな動きは一切見当たりません。これより下のクラスは心許ないし、上のクラスは大きくて邪魔、このサイズでベストフィットです。

三脚は自宅待機。どんな映像が撮れるかなぁ。

最後の大会頑張って!

↓すでに廃盤だけど、Vanguardのカメラバッグは比較的作りが良く、C/Pが高いものが多い気がします。

↓シルイの一脚。そこそこコンパクトで剛性感高し!

↓ベルボンの自由雲台。この取付方法ならクイックシューを複数持つ必要ナッシング!

-カメラ