ブログ

季節の移ろいを花で感じる

紫陽花が花をつけ始めました

紫陽花が花をつけ始めました

やっと家の周りの紫陽花が花をつけ始めました。今年は遅くないかな?雨が少ないから?!

海を遠くに見下ろす高台に位置する我が家、自然に囲まれているといえば聞こえが良いのですが、ムカデやゲジゲジなどの虫を始め、蛇、イノシシ、タヌキ、ハクビシン、鹿、野うさぎなどもバンバン出没するので、夜は結構怖かったりします。

あと、昼間はサルが多いんですよ。都会のニュースなんか目じゃない位に、毎日大群に遭遇します。これが怖いのなんのって。電線や木を揺らして威嚇してくることもあります。

だから爆竹常備(言えば市から支給されます)。あとパチンコというかスリングショット。下手に当てると反撃が怖いので、周りの樹に当たって大きな音がするように撃ちます。そういうこともあり、基本的に子供たちは、近くのバス停まで送迎しています。

これは紫陽花ではないですよね?

これは紫陽花ではないですよね?

そういう田舎の山の中ならではの怖さがあるとはいえ、ふと家の周りや道を通れば、自然を感じられるのですよね。今は紫陽花かな。ヒガンバナが一斉に咲いたり、スイセンがきれいな花を咲かせていたり、かと思えば桜がひらひら。どこからか金木犀の甘い香りもしたり。

-ブログ